債務整理とクレジットカードについて|知っておきたい債務整理事情

債務整理とクレジットカードについて|知っておきたい債務整理事情

債務整理とクレジットカードについて|知っておきたい債務整理事情

クレジットカードで買い物や、キャッシング、カードローンなど色々なサービスを利用することができます。
そして、最近では請求が届いてからでもリボ払いや分割払いも連絡をするとしてもらえます。
しかし、この便利なクレジットカードを借金と思う人はあまりいないと思います。
確かにキャッシングやカードローンは、お金を借りるので借金のイメージがありますが買い物時に使用したときはその意識はないはずです。
物には代金というものを、支払うことで買うことができます。
クレジットカードは、その代金をカード会社が立て替えているだけなのです。
ですから、そのカード使用時には借金になっているのです。
カード会社に、一度も滞納もなく返済をしている人はブラックリストに記載されることはありません。
しかし、クレジットカードのカードローンだけでなく他社でもキャッシングなどをして返済ができなくなると債務整理をすることがあります。
この債務整理の申請をして裁判所が認めると、カードローンなどの現金分だけでなくクレジットカードのショッピング分も支払いをしなくてすみます。
そのために、債務整理をすると確実にブラックリストに記載されます。
また、債務整理をしなくても何回かクレジットカードの返済を滞納するとブラックリストに記載され他社でのクレジットカードの審査が通らないという事態になります。
このブラックリストは、携帯会社にも信用情報として伝わります。
そのために、携帯契約が無理と判断されるケースもあります。