債務整理が出来る条件とは?【知って得する債務整理の豆知識】

債務整理が出来る条件とは?【知って得する債務整理の豆知識】

債務整理が出来る条件とは?【知って得する債務整理の豆知識】

借金が増えすぎて、返済だけでいっぱいいっぱいになって苦しんでいる方は決して少なくありません。
こういう方は、借金を返すために借金を繰り返すので、方々から債務を抱える多重債務状態に陥っていることが多いです。
こうなるとそのうちどこからも貸してもらえなくなるので、債務整理を考えざるを得ないでしょう。
債務整理というのはその言葉通り、債務を整理して借金の一部または全部を免除してもらう手続きのことです。
中でも個人が多く利用している債務整理手続きは、任意整理と自己破産ですね。
しかし、これを利用するためには条件があります。
まず任意整理は、弁護士などを通じて債権者と交渉し、債務の一部を免除してもらう手続きです。
残額を3年ほどで返していく契約を交わすことになります。
これを利用するためには、債権者が同意してくれさえすれば他には条件はありません。
債権者も全額回収できなくなるよりはマシなので、同意してくれることが多いようです。
自己破産は、裁判所に申し立てて債務の全額を免除してもらう手続きです。
これには免責不許可事由という条件があり、ギャンブルや浪費のために作った借金は免責が認められません。
遊ぶために借金して、それを踏み倒してしまおうなどということは、さすがに認められないということです。
ただ、これには裁判官の心証も加わってくるため、更生の可能性や情状酌量なども加味されて、絶対に認められないというわけでもないようです。
どちらにせよ、早めに専門家に相談した方が良いでしょう。